青い服を着た女性

知人にセクキャバに連れて行ってもらった

お尻

私は自分自身が夜の仕事をした経験があるので、あまりキャバクラや風俗など夜のお店にお金を払うことに関心がありませんでした。正直もったいない気持ちさえ感じていたのです。しかし先日知人にセクキャバに連れて行ってもらったとき、このような業界の楽しさを実感することが出来ました。
女の子と飲むことは私にとって特別なことではないので、女の子のいるお店で打ち合わせをする程度の気持ちでお店に入っていきました。しかしそのお店で出てきた女の子はみんな非常に可愛く、一緒にいるだけでお金を払う価値があるように感じました。トークも非常に面白く、あまり自分の話しをするのが得意ではない私でも、時間を忘れて夢中になって話をしてしまうという珍しいことをしてしまいました。もちろんサービス時間内に女の子の身体を触らせてもらったし、堪能させてもらいました。
どんなに気持ちよくなっても最後までサービスが受けられるわけではないというのが、この業態の魅力でありかつ残念なところだと思います。正直今でも同じお金を自分で出すなら風俗に使いたいと思います。しかし一方で風俗で出会える子よりもここの女の子は可愛く、トークも楽しいのでまた機会があれば遊びにいきたいと感じています。

HEADLINE

笑顔の女性

私のセクキャバの楽しみ方

私は、仲間と飲みに行くと、たまに酔いにまかせてセクキャバに行くことがありま…

»readmore
女性

セクキャバもおススメ

やっぱり男だと、ムラムラすることってあると思います。そんなときは我慢せずに…

»readmore
お尻

知人にセクキャバに連れて行ってもらった

私は自分自身が夜の仕事をした経験があるので、あまりキャバクラや風俗など夜の…

»readmore